サイズの測り方|【剣道一式、面・竹刀・籠手 通販】佐野剣道具 [愛知県あま市]

お問い合わせはこちらから 052-442-4484

サイズの測り方

サイズの測り方

正しく安全に剣道をするためには、正しいサイズの剣道具を着用することが必要不可欠です。
ここでは正しいサイズの測り方をご紹介していきます。

面の測り方

面の測り方

まずは、顎の尖端より頭上までの廻りの長さを計ります。
次に前頭部より後頭部の廻りの長さを計ります。 面がしっかり入るよう、間違わないようにご注意下さい。

頭の頭頂部分(つむじ)から耳の前を通ってアゴの先端までの一周です。

顔の中で一番広い外周を縦割りするイメージです。
決して面の内輪のサイズを測っている訳ではありません。

胴の測り方

胴の測り方

胴の中段の内容を計ります。
胴は着けたときに両側にそれぞれこぶしが半分⼊るくらいがちょうどいいとされています。
腹部の防具は、おなか廻りによって大きく変わる部分でもありますので、面ほど厳密になる必要はありません。

籠手の測り方

籠手の測り方

まずは、中指先から手首まで計ります。
次に手の平の廻りを計ります。
手の厚みによってサイズが変わることもあります。

剣道着・袴の選び方

剣道着はサイズ表より、身長に適応するサイズを選んでください。
洗濯すると若干の縮みが発生しますのでご注意ください。

袴の場合は、下記の点にご注意ください。

  • ・成長期の場合、1サイズ上でもよいかもしれません。
  • ・袴は足のくるぶしが隠れる程度で着装します。
  • ・袴が長すぎると裾を踏んでしまい転倒する場合があります。
剣道着のサイズ身長袴のサイズ
小小 00号 SSS 120cm 18号
0号 SS 125cm 19号
1号 S 135cm 20号
145cm 21号
150cm 22号
2号 M 155cm 23号
160cm 24号
特大 3号 L 165cm 25号
170cm 26号
特々大 4号 LL 175cm 27号
180cm 28号
5号 LLL 185cm 29号
6号 190cm 29号